第68回NHK杯県大会、ラジオドキュメントで優秀賞、全国大会へ

6月13日(日)、NHK杯全国高校放送コンテスト(Nコン)県予選が四日市大学であり、ラジオドキュメント部門で優秀賞を獲得、来月東京で開催される全国大会への出場が決まりました。全国大会への出場は2大会連続です。

NHK杯全国高校放送コンテストは「放送部の甲子園」とよばれ、アナウンスやドキュメント番組など7つの部門で日ごろの放送部活動の成果を競います。

ラジオドキュメント部門では、2018年に発見された野生種の桜「クマノザクラ」を広める取り組みをされている鈴鹿市在住の樹木医、中村昌幸さんにスポットをあてた番組を制作しました。

このほか、テレビドキュメント部門とアナウンス部門に出場した3人がそれぞれ奨励賞を受賞しました。

取材に応じてくださったみなさま、ありがとうございました。

カテゴリー: 放送部の活動, 校外の活動 タグ: , , パーマリンク