みえの子ども「夢☆実☆現」応援プロジェクト

みえの子ども「夢☆実☆現」応援プロジェクトは、夢の実現に向けて取り組む活動を支援するもので、企業・学生・大学教授などの支援を受けながら夢の実現に向けて取り組みます。

本校放送部は、第3回みえの子ども「夢☆実☆現」応援プロジェクト(主催:三重県、みえ次世代育成応援ネットワーク)で、2年女子部員2人がそれぞれ提案を行い、2021年8月の最終審査会でともに採択されました

提案したのは、「高校生がまちも人もつないで明るくしたいイルミネーションプロジェクト」と「人気YouTuber×高校生が三重県の魅力を発信してみた」(※)。2022年2月にかけて取り組みを進めます。ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

※コロナ禍などの理由で、プロジェクト内容を変更し、「三重のいっぽ~21人の夢をつなぐ桃太郎大作戦~」として取り組んでいます。

高校生がまちも人もつないで明るくしたいイルミネーションプロジェクト

コロナ禍で、地域でのイベントが難しいなか、【イルミネーションを飾って楽しむ】→【イルミネーションを見て楽しむ】ことが緩やかに集まってできれば、まちも人も明るくできるのではないかと考えました。

 最近の取り組み 
三重のいっぽ~21人の夢をつなぐ桃太郎大作戦~

プロジェクトの中心メンバーが、ほかの誰かの夢をかなえるサポートをし、夢がかなったら一緒にさらにほかの誰かの夢をかなえていきます。最終的に21人のメンバーを集め、三重県の若い世代に「一緒にいっぽふみだそう!」とメッセージを届けるイベントを開催します。

※当初のプロジェクト「人気YouTuber×高校生が三重県の魅力を発信してみた」から変更して取り組んでいます。

 最近の取り組み